何のために会議をしているのかということ

会社員の皆様、あなたは週に何回、何時間会議に時間を割いていますか?
ほとんどの方は、無駄な会議が存在すると思っているという集計結果もあるそうです。

週にいくつも開催される会議、常に開催の目的を理解して参加しているという方はなかなかいないのではないでしょうか。
なんとなく、毎週・毎月開催しているから。
上司に会議をするよう促されたから。
そんな理由から会議が行われることも多くなってしまっているのも現状かもしれません。
毎回、参加者全員が意見を出し合うような活発な会議を開催するには、参加者の意識改革も大切になってきます。
業績の延びている企業の会議は、やはり違います。
ただそこにいるだけの参加者などは存在しません。
この人を呼んだなら、この人も呼ばなきゃ、なんて昔ながらの結婚式のような会議になってしまっては、それこそ時間の無駄になってしまいます。

理想的なのは、短い時間で、参加者全員が目的意識をもって会議に参加している状況ですよね。
呼ばれたから来た、とりあえず参加している、といった受け身の参加者だけでは会議ではなく、ただの報告会になってしまいます。

きちんとゴールの見える会議を開き、時間を無駄に使うようなことのないようにしたいものです。
こちらでは、そんな無駄な会議をなくすには、どのような作業が必要なのか、会議に参加する姿勢として必要な事など、質の良い会議を行うにはどのような事に気を付ければよいのか確認していきたいと思います。